つわり中でも飲みやすい葉酸サプリを決定!

つわり中でも飲みやすい葉酸サプリを決定!

妊娠初期に起こりやすい、つら~いつわり

つわりの症状は本当に個人差が大きいものですが、重い症状のことを、正式に重症妊娠悪阻(じゅうしょうにんしんおそ)と呼んでいます。一概には言えませんが、普段の生理が重い人ほどつわりも重くなる傾向にあると言われています。

つわり(悪阻)についての基礎知識

妊娠すると新しい命が宿った喜びと同時に、つわり(悪阻)が始まる人がほとんどです。中には妊娠してもつわり(悪阻)がないという人もいます。つわり(悪阻)の原因は、脳がおなかの中の赤ちゃんを異物と認識し、それにともなって体がアルカリ性から酸性に変わるためとも言われていますが原因は定かではありません。

つわり(悪阻)は、ちょうど妊娠初期の流産しやすい時期に始まるので、無理をしないために注意を促していることが原因とも言われます。その症状は吐き気やおう吐ですが、今まで好きだったものが食べられなくなったり、逆に嫌いなものが食べられるようになったりもします。安定期に入るまでの期間、つわり(悪阻)に悩まされますが、安定期に入るとあれだけつらかった症状が落ち着いてくる人がほとんどです。

しかし中には出産前まで続く人もいて、一概に言えないところもあります。この時期は食べ物を食べても吐いてしまうので、無理に食べる必要はありません。赤ちゃんの成長に必要な栄養素が気になるところですが、母体が衰弱するのが一番よくありませんので、食べられるものを食べるようにしましょう。またこの時期は、流産の心配がありますので、無理をしない過ごし方が望ましいとされています。

つわり(悪阻)のつらさは経験した人でないとわかりません。ですから周囲の気遣いは、妊婦さんにとってありがたいものです。つわりが原因で家事や仕事ができないときには、サポートしてあげましょう。それだけでもずいぶん気が楽になり、苦しい時期を乗り越えることができるものなのです。

こんな葉酸サプリはNG!

健康成分をたくさん配合しているからと言って、1粒のサイズが大きい・目安量が多い葉酸サプリはNG。つわりの時は毎日飲み込むのが苦痛になってしまいます。

つわりは妊娠初期にピークを迎え、妊娠5~6ヶ月に迎える安定期まではほぼ毎日続くものです。人によって食べづわり、吐きづわり、眠りづわり...など症状は異なりますが、 味、匂いに敏感になるという症状は、ほとんどの妊婦さんが感じるはず。
つわりが軽い、重いは本当に人によって違いますが、これまで平気だった味・匂いが全くダメになるケースが多いので、つわり対策までしてくれている葉酸サプリを選ぶと◎。
つわりとうまく付き合って行きたい時期だからこそ、味・匂いがしないようにコーティングされているもの、粒が小さくて飲み込みやすいものがおすすめなのです。

安定期に入るまでの5~6ヶ月間は、特につわりが重くなる期間。この時期は何を食べても吐きたくなる何か食べていないと吐きたくなるほんの少しの匂いでも気持ちが悪くなるという症状に悩まされる人が多いんです。だからといって、ほうれん草や納豆などの食べ物で補う方がよほど困難ですよね。
つわりの時期こそ、口にしても抵抗のないものを選んでいきましょう。

つわり(悪阻)が酷くても飲める&症状が和らぐサプリメント

せっかく妊娠をしても、あまりにもつわり(悪阻)がひどい状態が続いて、食べることもできないくらいになってくると妊娠をしてその時期を楽しく過ごしたいと思っていてもなかなかその気分になれない時があります。そしてつわり(悪阻)は人により、和らぐ時期も違ってきます。時には出産をするその日までつわり(悪阻)がある場合もあります。

その辛いつわり(悪阻)が和らぐようなサプリメントに妊娠初期には積極的に摂取することを厚生労働省からもすすめられている葉酸です。葉酸にはつわり軽減をさせるために最も効果的な栄養素と言われているビタミンB6が配合されています。ビタミンB6は病院などでもつわり軽減のためにする点滴に含まれている大事なものです。

妊娠をしている時には特に必要なものに鉄分と葉酸があります。それは赤ちゃんの成長に欠かすことができないものになります。そのサプリメントにはその3つのものがバランスよく含まれているのです。その中の葉酸は妊娠を希望する人は多くの人が知っているものですが、赤ちゃんの先天性疾患、それはとくに神経管閉鎖障害に対してのリスクを高めないためにしっかりと意識的に摂取することです。ビタミンB6は不足するとつわり(悪阻)を悪化させるということがわかっているのです。それなのでそれ以上の悪化を防ぎ和らぐようにする時には是非摂りたいものなのです。

また、食事をうまくとれないようになると母体が貧血状態になり結果的に赤ちゃんはお母さんの血液で生きているので良くない影響がでる場合もあります。それなのでつわり軽減のためにサプリメントを摂ることで症状が和らぐようになり、赤ちゃんの成長をさまたげないようになります。

飲みやすいのはこんな葉酸サプリ
  • 味がしない

  • 匂いがしない

  • 粒が小さい
  • (直径10mm以下のものが◎)

管理人独断!つわり中でも飲みやすい葉酸サプリ

匂い 粒のサイズ
無味
コーティング済み
無臭
コーティング済み
6mm
粒は小さめ!味と匂い対策のため、粒にコーティングをしているので無味・無臭で、飲みやすさだけで評価すると1位!
ただし合成葉酸&添加物が入っているデメリットがあることも忘れずに。

匂い 粒のサイズ
無味 ほぼ無臭
匂いを閉じ込めている
8mm
天然素材、無添加なのに味や匂いをしっかりと抑えています!
粒も8mmと小さめの方で、飲みやすい&天然という条件が揃った葉酸サプリは他にありません。

匂い 粒のサイズ
パイナップル風味
好みが分かれる
パイナップル風味
少しきついとの声も
6mm
粒は小さくて飲みやすいけれど、香料にパインフレーバーを使用しているため、好き嫌いが大きく分かれています。パイン系がNGな人は避けた方が無難
匂い 粒のサイズ
ほぼ無味 草系の匂い
薬品ぽいのがNG
6~7mm
1日1粒だけでOKなのは魅力的。人気の赤ちゃん用品メーカーで、薬局でも気軽に買えるところはいいですね。
粒の表面はコーティング済みでつるつる、喉越しは◎。ただし添加物が多い&匂いがキツい、色がキレイじゃないことから、クチコミでも不人気。
匂い 粒のサイズ
クセが強い
独特の苦みあり
漢方系の匂い
つわり時にはキツい...
約2㎝
天然葉酸使用のため、味も香りもそのまま粒に凝縮されているので飲みづらい!
粒によってサイズは違いますが、約2cmほどのものを1日4錠は苦痛ですよね。いくら成分が良くても飲みにくいものはNGだと教えてくれる葉酸サプリ。
飲みやすさで選ぶならAFC葉酸サプリ!

粒ひとつひとつにコーティングすることで、つわり中に一番気になる味&匂いを抑えてくれているAFCの葉酸サプリ。飲み込みのしやすさで選ぶなら一番おすすめできます。
ただし、飲みやすさ以外ではちょっと気になる点も。そこを踏まえてもOKなら、続けていく価値は十分にあります。


葉酸サプリでつわりは軽減できるの?

「葉酸を摂るとつわりが軽くなる・和らぐ」という説もありますが、これについてはまだ医学的な根拠が立証されているわけではありません。なので、つわりが酷い時に葉酸サプリを飲みましょう!という謳い文句の広告には注意が必要。

ただ、実際に葉酸サプリを飲み始めてからつわりが軽くなった気がする、というクチコミをしている人も多く、つわりを抱えた精神ストレスの負担が軽減されたというケースは多くあるようです。
サプリメントはあくまでも栄養の補助としての役割なので固執する必要はありませんが、少しでも気が紛れたり、またお腹の赤ちゃんの健康を守れるという安心感を得るためにも、葉酸サプリで積極的に栄養を摂っていけたらいいですね♪

飲みやすさ以外で比べてみよう!葉酸サプリの選び方

天然葉酸と合成葉酸の違い

電話サポートのある葉酸サプリ

つわり中に飲みにくいのはどんな葉酸サプリ?

酸サプリを飲んでも、すぐに気持ちが悪くなり戻してしまう人も多く、葉酸はほうれん草などの野菜にも含まれるビタミンBの一種であり、自然に近いものなので、天然志向の葉酸サプリほど匂いがきつい・味がする・粒が大きい傾向にあるんです。このデメリットをクリアできた葉酸サプリほど飲みやすいものと言えるでしょう。