妊娠中に不足しがちな鉄分・カルシウムの役割

妊娠中に不足しがちな鉄分・カルシウムの役割

妊娠すると鉄分やカルシウムが不足しがちです。しかし、きちんと摂取することはとても大切なことです。鉄分とカルシウムには色々な役割があるためです。 カルシウムは赤ちゃんの骨をつくったり、血液の大切な成分にもなります。妊娠している時にカルシウムが不足すると、赤ちゃんが発育しにくくなり、流産や早産などになってしまうこともあるのです。カルシウムは一度に沢山摂取するのではなく、毎日少しずつ摂取するようにしましょう。不足しないように摂取するためには、カルシウムが多く含まれる食品を積極的に食べる必要があります。卵、牛乳、とうふなどです。


鉄分はお腹の中にいる赤ちゃんの血液をつくりますし、妊娠中の母体の貧血を防ぐ役割もあります。貧血になると目眩や吐き気などの不調が起こるので、妊娠中の身体にはとても辛いです。鉄分を多く含む食品は、豚レバー、鶏レバーなどです。その他、緑黄色野菜、貝類などにも多く含まれています。また、身体への吸収を良くするためには、ビタミンCや葉酸などと一緒に摂取するように心がけましょう。