葉酸サプリの天然・合成の違いは効力!

葉酸サプリの天然・合成の違いは効力!

葉酸サプリには天然ものと合成ものがありますが、天然葉酸は合成葉酸の約1.5倍効力が高いと言われています。

天然葉酸と合成葉酸の違いは効力にあります。天然葉酸は合成よりも値段は高めですが、天然葉酸の効力は合成葉酸の約1.5倍と言われています。
現在市場に出ているのは圧倒的に合成葉酸サプリの方が多く、天然由来の葉酸サプリの種類は少ないのですが、せっかく摂り入れるのならより効力が高く安全な天然の葉酸サプリをおすすめします。

妊娠すると葉酸の必要量が倍増!

葉酸は、妊娠初期に欠乏すると未熟児や奇形児などのリスクが増加することが知られています。そのため、妊婦の方は葉酸を積極的に摂取する必要があります。葉酸は、一般の方にとっては、健全な食生活をしていれば普段は食事で摂取する量で足りる栄養素です。しかし、妊婦になると、必要摂取量が倍増します。ですが、このことはまだあまり知られていないために、多くの女性が大切な時期に葉酸不足に陥り、胎児を危険にさらしているのです。

葉酸サプリの特徴について

妊婦さんに必須の栄養素と言えば葉酸です。水や熱で壊れてしまいやすいという特徴があるため、調理をする際にその含有量は半分にまで減ってしまいます。そのため、食べ物よりも葉酸サプリで摂取する方が効率よく摂取できると言われています。

現在、日本では多くの種類の葉酸サプリが販売されていて、購入時にどれがいいのか迷ってしまいます。一言で葉酸サプリと言ってもポリグルタミン酸型葉酸とモノグルタミン酸型葉酸の2種類に分けられます。葉酸サプリを選ぶ時には、それぞれの特徴を比べて選ぶようにしたいものですが、2種類の葉酸にはどのような特徴があるのでしょうか。

ポリグルタミン酸型葉酸は天然葉酸と言われることもあり、果物や野菜から抽出された葉酸が使用されているのが特徴です。
モノグルタミン酸型葉酸は合成葉酸と言われることもあり、人工的に作り出された葉酸です。

赤ちゃんの健康のために摂取するものでもあるため天然葉酸の方を選んでしまいがちですが、同じ葉酸サプリでも原料が違うと体内への吸収率に違いが出てきます。体内への吸収率が高いのは合成葉酸の方で、その吸収率は80%と言われています。それに対して天然葉酸は50%という違いがあります。また、厚生労働省は妊婦さんに妊娠していない成人女性の約2倍にあたる1日に400μgの葉酸の摂取を推奨しているのですが「通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取」という書き方がしてあるのです。ここで言われている栄養補助食品とは葉酸サプリのことなのです。

特に妊娠初期には葉酸は欠かせない栄養素ですが、毎日の食事だけでは葉酸の体内への吸収率の悪さから、到底必要量に届きません。そのため、吸収率が良いという特徴がある葉酸サプリで葉酸を摂取することを推奨しているのです。また、赤ちゃんへの影響を調査した際に利用したのがモノグルタミン酸型葉酸だったため、そちらの利用が推奨されています。葉酸の摂取方法の全てを葉酸サプリに頼ることはせず、食事からも摂取をすることを心がけましょう。

葉酸サプリの選び方は?

もちろん、つわりの時期に葉酸を含む食べ物を沢山食べろといっても、実際には困難です。そこで、葉酸サプリで補おうという動きが高まっています。しかし、妊娠されている方を対象とした葉酸サプリの場合、その選び方は難しいものです。口コミといっても、使った葉酸サプリが本当に赤ちゃんを守ってくれたのかどうか、お母さん本人には分かりません。そこで、葉酸サプリを選ぶ方法としては、インターネットで売れている、人気がある葉酸サプリを選ぶという人が圧倒的です。ですが、これでも、単に売れているだけであって、自分に合うかどうかということについては不安になるお母さんもいらっしゃるでしょう。

知らないと怖い!正しい葉酸サプリメントの選び方

妊娠や授乳中の女性には葉酸の摂取が推奨されており、厚生労働省も食事以外に栄養補助食品であるサプリメントなどで1日に400μgの葉酸を摂取するよう推奨しています。
そのため、巷にはさまざまな種類のサプリメントが販売されていますが、玉石混交です。パッケージやキャッチコピーに惑わされず、嘘を見抜いて正しい葉酸サプリメントの選び方を知ることが大切です。

サプリメントといえば自然由来の物のほうが安心で安全で体にもいいという漠然としたイメージを持ち、選び方にもそれを参考にしてしまっている方もいらっしゃいますがそれには注意が必要です。

葉酸サプリメントにおいては、天然の方が良いというのは嘘になってしまうからです。実際に厚生労働省が摂取を推奨している葉酸は食品に含まれているプテロイルポリグルタミン酸型の葉酸ではなく、栄養強化剤として合成されているモノグルタミン酸型の葉酸の方なのです。なぜなら、天然のプテロイルポリグルタミン酸型の葉酸よりも合成のモノグルタミン酸型の葉酸の方が体内で利用される効率が遥かに良いからです。

合成のモノグルタミン酸型の葉酸は体内で約85%ほど利用されるのに対して、天然のプテロイルポリグルタミン酸型の葉酸は約50%ほどしか利用することが出来ません。そのため、プテロイルポリグルタミン酸型の葉酸では400μg摂取したつもりでも実際にはその半分の200μgしか摂取できていない状況に近いというようなことが起こりうるのです。

また、妊娠中の女性の葉酸摂取が推奨されているのは胎児の先天性異常のリスクを軽減するという疫学研究に寄るものですが、そのリスクを軽減させるというのも合成のモノグルタミン酸型の葉酸の話であり、天然の葉酸にリスク軽減の効果があるかは確証が得られていない状態です。 そのため、葉酸サプリメントの選び方としてはまず天然由来の葉酸を謳っている葉酸サプリメントは避けるということになります。

次の選び方としては、どのような管理で製造や加工を行っているかをチェックすることにあります。葉酸サプリメントはさまざまな原材料を凝縮して作られていますから、原材料の中に微量に含まれる毒性物質や不純物も一緒に濃縮されてしまっている恐れがあるからです。特に自然由来の葉酸サプリメントになってくると農薬などのリスクも高まりますから、より注意が必要です。こうした点でも、なんでも自然由来が良いというのは嘘になってしまうのです。

選び方の最後としては、妊娠後期に合成の葉酸サプリメントを1mg摂取すると子供が喘息になるという話も存在します。1mgは1000μgであり、厚生労働省が推奨する400μgの2.5倍と過剰摂取に当たります。そのため、厚生労働省も葉酸サプリメントの摂取は一日1000μgを超えないよう勧告しています。葉酸サプリメントに限定されているのは食品で1000μgもの葉酸を摂取しようとするととんでもない量の生野菜や果物を食べることになるため起こりにくいからです。

サプリメントは気軽に口にすることが出来ますから過剰摂取が起こりやすいので注意が必要ということであり、摂取自体が悪いと言うのは嘘になってしまいます。目安とされる量の2.5倍という過剰摂取にさえ気を付けておけば十分ですし、厚生労働省も400μgの葉酸サプリメントの摂取を推奨しているのは妊娠初期のみで妊娠後期は通常の食事のみで大丈夫です。野菜不足などで葉酸も不足しているときに不足分を補うだけで、400μg摂取ということはありません。 自分のライフスタイルに合った形状や摂取量のサプリメントを選ぶことで過剰摂取の予防にもなります。

このようにいくつかの葉酸サプリメントの選び方のポイントを押さえることでパッケージやキャッチフレーズに騙されず、にしっかりと安心・安全・効果的な葉酸サプリメントを購入することが出来るようになるでしょう。

天然葉酸のメリットとデメリットについて

赤ちゃんの発育に欠かせない栄養素・葉酸
葉酸は、私たちの健康に欠かすことのできない必須栄養素です。胎児の発育に関わり、神経管閉鎖障害のリスクを低減する効果があるとされているため、妊婦さんにとっては特に重要。妊娠前から、積極的に葉酸を摂ることは、生まれてくる赤ちゃんのためには欠かせません。

ほうれん草、小松菜、アスパラといった緑黄色野菜のほか、うなぎ、レバー、いくらなどの食品にに含まれている葉酸ですが、調理中の熱で失われやすく、吸収率も低いため、これらを食べることで充分な量の葉酸と摂ることは難しいとされています。そこで、足りないぶんをサプリメントを補うことが必要となってきます。今や、葉酸サプリメントは、妊活中や妊娠中の女性には欠かせないアイテムです。

天然葉酸のメリットとデメリット
ところで、葉酸のサプリメントには、天然の葉酸から作られたものと、合成の葉酸から作られたものがあることをご存知でしょうか。一見、天然葉酸のほうが体に良さそうに思えますが、サプリメントを選ぶときには、そのメリットとデメリットを良く理解しておくことが大切です。

天然葉酸は、ポリグルタミン酸型葉酸、または食事性葉酸とも言われ、私たちが普段食べている食材に含まれています。天然葉酸のサプリメントは、食品から作られたものですから、ほうれん草やレバーと食べるのと同じで安全性が高く、体への負担も少ないのがメリット。生まれてくる赤ちゃんのために、安全性を考慮して、葉酸のサプリメントは天然葉酸を、と考える女性も多いかもしれません。

しかし、天然葉酸にはデメリットもあるのです。天然葉酸であるポリグルタミン酸型葉酸は、人間の体内でモノグルタミン酸型葉酸に変化してから、体に吸収されます。そのため、天然葉酸は、摂取量の25~50パーセントしか吸収されません。また、天然葉酸は吸収率が低いぶん、たくさんの量を飲まなければなりませんし、原料が天然由来であるため、味や風味に癖があること、品質管理に気を配らなくてはならないことも、天然葉酸のデメリットと言えるでしょう。

一方、人工的に作られた合成葉酸は、モノグルタミン酸型葉酸と呼ばれ、吸収率が80%と高いのがメリット。それは、モノグルタミン酸型葉酸は、食品から摂取した葉酸が、体内で変化し吸収される時の形をしているからなのです。また、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させる効果があるとされるのも、このモノグルタミン酸型葉酸です。ですから、赤ちゃんのために、充分な量のモノグルタミン酸型葉酸を摂取するには、合成葉酸のサプリメントを摂るのが効果的。厚生労働省でも、合成葉酸を利用し、モノグルタミン酸型葉酸を確実に補うことを推奨しています。

原材料表示に注目
さて、たくさんの葉酸サプリメントが出回っていますが、それが天然か合成かは、その商品を一見しただけではわかりません。天然葉酸が原料であると明記しているものもあれば、そうでないものもあるからです。もっとも確実なのは、原材料表示を確認すること。天然葉酸のサプリメントの場合は、「レモン」など、原材料表示に葉酸の原料である食品の名が記されています。

一方、合成葉酸のサプリメントの場合は、「葉酸」など、栄養成分そのものの名が記されています。もしもはっきりをわからない場合は、メーカーに問い合わせるとよいでしょう。何より、サプリメントを飲む私たち自身が、しっかりと見極めなくてはなりません。

葉酸サプリメントの選び方
妊娠前から妊娠初期にかけては、最も葉酸が必要な時期です。厚生労働省は、この期間には、食事に加え、1日に400μgのモノグルタミン酸型葉酸を摂取を薦めているので、合成葉酸のサプリメントを摂るのでよいでしょう。

また、妊娠中期以降は天然葉酸のサプリメントでも大丈夫。妊娠中期以降に合成葉酸を摂取し過ぎると、赤ちゃんが小児喘息にかかるリスクが高まるという報告があります。ですから、合成葉酸に不安を感じる人は、妊娠中期以降は、天然葉酸葉酸に切り替えても問題はありません。ただし、栄養バランスのとれた食事で、葉酸の摂取量が減らないようにしましょう。

「天然」をうたっていても、安心・安全とはかぎらない
天然と合成。両者をくらべると、天然であるほうが安心・安全と思ってしまいがちです。しかしこれまでお話ししてきたように、かならずしもメリットばかりとは限りません。天然であってもデメリットがあることも知っておくべきでしょう。

厚生労働省も、「天然・自然」といった表記があるからといって、その製品の安全性を保証するものではない、と言っています。「天然・自然」といった言葉に惑わされることなく、商品や成分、原材料などをよく確認しなくてはなりません。天然葉酸にも、メリットとデメリットがあることを知り、本当に適切なサプリメント選びをすることが大切なのです。

安心安全なサプリのポイント

もっとも大事なことは、天然であっても合成であっても、しっかりとした管理下で製造・加工をされている商品を選ぶことです。国内工場での加工はもちろんのこと、放射能検査などのチェック体制が整った会社の商品を選ぶようにしましょう。母体はもちろん、大切な赤ちゃんの命や障害などにも関わってくることなので、価格だけではなく、まずは厚生労働省の情報などにもよく目を通して、正しい知識を持つことが大切です。

ポリグルタミン酸葉酸とモノグルタミン酸葉酸の違いについて知ろう!

葉酸は、代謝と深く関わり、細胞が増殖される場に必須の栄養素です。
その葉酸には「ポリグルタミン酸葉酸」と「モノグルタミン酸葉酸」の2種類があるということをご存知ですか?
ポリグルタミン酸葉酸は、天然の葉酸で、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラガスなどの緑黄色野菜や、アボガド、マンゴーなどの果物や、うなぎ、生うに、レバーなどの動物性食品に含まれています。モノグルタミン酸葉酸は、化学反応によって作られた葉酸で、サプリメントとして加工されています。
その違いはなんなのでしょうか。

ポリグルタミン酸葉酸は、野菜や動物性食品などに含まれているため、通常の食事から摂取することができます。けれども加熱したり長期保存による酸化で失われやすく、しかも体内に入っても、そのままでは吸収されず、モノグルタミン酸型葉酸に変わってから吸収されるので、実際の吸収率が25~50%程度に下がるのです。
一方、モノグルタミン酸葉酸は、ポリグルタミン酸葉酸よりも品質が安定しており、体内に吸収される葉酸の形で最初から作られるので、吸収率は85%と高くなっています。

ところで、サプリメントに使われるモノグルタミン酸葉酸ですが、これにも天然由来のものと化学合成のものと、2種類あります。
天然由来のものとは、原料が食品から取り出したポリグルタミン酸を加工して、吸収率が良いモノグルタミン酸に変化させたものです。
これに対して化学合成のものとは、原料が食品ではなく化学式によって人工で作られています。

ひとくちに葉酸といっても、食品からポリグルタミン酸葉酸を摂取するのか、サプリメントで天然由来、または化学合成のモノグルタミン酸葉酸を摂取するのかに分かれるのです。では、どれを摂取するのが望ましいのでしょうか。

厚生労働省では妊娠を計画している女性や妊娠初期の女性に対して、1日に400μgを摂取するよう奨励しています。けれども、1日分の葉酸を食品から摂取しようと思った場合、ポリグルタミン酸葉酸は吸収率が低いため、大量に食品を摂取する必要が出てきます。そこで厚生労働省でも、吸収率の高いモノグルタミン酸葉酸を薦めています。
天然と合成の違いを十分理解したうえで、両方から効果的に摂取することが望ましいと考えられます。

つわりでも飲みやすい葉酸サプリ

電話サポートのある葉酸サプリ