神経管閉鎖障害はなぜ起こる?葉酸との関係性

神経管閉鎖障害と葉酸の関係

葉酸は、細胞増殖の際に必要となるDNA合成に関係しています。また、アミノ酸の種類の一つであるホモシステインがタンパク質の合成の際に必要となるメチオニンと呼ばれる必須アミノ酸に変換される過程で必要不可欠なのです。葉酸が不足するとDNA合成が行えなくなり、ホモシステインが増えることになりますので動脈硬化を招くと言われています。妊娠の初期の段階は、胎児の細胞増殖が活発に行われているため、この時に葉酸が不足してしまうと胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを高めてしまうと言われています。神経管閉鎖障害とは、脊椎の神経管の癒合不全により起こる先天異常のことです。
神経管閉鎖障害は、神経管の下部で起こる二分脊椎と、上部で起こる無脳症が存在します。欧米諸国では過去に、神経管閉鎖障害の発症率が増加したことから、神経管閉鎖障害に対し葉酸がどのような効果を及ぼすか数多くの研究がされました。研究の結果により、神経管閉鎖障害の予防に効果があると認められ、研究後に世界各国で妊娠が予測される女性に対し、サプリメントや食品などから多く摂取するように求め、添加された食品や栄養補助食品が増加しました。日本では2000年に、神経管閉鎖障害のリスク軽減のために、妊娠を予定する又は、妊娠が予測される女性に対し、食品や栄養素補助食品から摂取するように通知が出されました。通知では、1日400μgの摂取が必要とされました。摂取の上限は1000μgと言われています。

神経管閉鎖障害が起こる時期

先天異常における神経管閉鎖障害が起こるのは妊娠4~5週頃と言われています。
葉酸は妊娠全期間を通して必要な栄養素です。葉酸は赤ちゃんの脳や神経を作るために必要な栄養素で、不足してしまうと先天性の障害を持って産まれてきてしまう可能性があります。赤ちゃんの神経や脳は妊娠3ヶ月までに作られるので、日常的に摂取していないと妊娠に気付くのが遅かった人は赤ちゃんが健康に育つかどうか不安な毎日を過ごさなければならないということにもなってしまいます。葉酸は葉物野菜などに多く含まれていますが、必要な量を毎日摂取するというのは難しいことです。
そこで便利なのが葉酸サプリです。葉酸サプリは色々なメーカーから発売されており、薬局などで手軽に手に入ります。マタニティ雑誌なども葉酸サプリの紹介を多く行っていて、普段からしっかりと接種しなくてはならない栄養素だということがよくわかります。
つわりがひどく何も口にできないという人にも葉酸サプリはおすすめです。水と一緒に飲むだけで必要な摂取量を確保することができるので、何も食べられないという人も葉酸が不足するという心配をしなくても済みます。
葉酸は妊娠初期だけではなく、妊娠全期間に渡って必要な栄養素なので、つわりが終わってしっかり食事がとれるようになっても葉酸サプリで葉酸不足を補う必要があります。 葉酸は授乳期にも大切な栄養素になってきます。授乳期に葉酸が不足してしまうと貧血になってしまったり、赤ちゃんの成長を妨げてしまう原因となってしまいます。 葉酸サプリをしっかり飲んで、ママも赤ちゃんも健康になるよう心がけることが大切です。