妊娠中に飲める安くておいしいノンカフェイン飲料5選

妊娠中の水分補給に!ノンカフェインでおいしい飲み物

妊娠検査薬に反応が!嬉しいと喜ぶ反面、不安な気持ちも多いものですよね。
特に初めての妊娠の場合、これまで以上に口にするものには注意が必要になってきますが、じゃあ何を口にすればいいの?と考えてみても、すぐにはわかりませんよね。


食べ物はもちろんのことですが、飲み物にもその問題はあります。
妊娠中にはカフェインの含まれる飲み物は避けたほうが良いというのは聞いたことがある人も多いはず。カフェインを過剰摂取すると流産のリスクが高まるなどと言われていることが原因です。
でも普段の水分補給は緑茶でしていたという人や、コーヒー紅茶が大好きだという人もいますよね。
それらが飲めないからといっていきなり水だけになってしまうのは悲しいのではないでしょうか。
そこで妊娠中でも気にせずに飲めて、妊婦さんの身体にも良く、おいしい飲み物を紹介します。

おいしく栄養補給できるノンカフェイン飲料

麦茶

ペットボトルの市販品でもノンカフェインのものがありますし、もちろんおうちでお茶パックを使っても簡単に入れられて便利です。
さらに食物繊維やミネラルも豊富に含まれているんです。身体を冷やしてはいけませんので、ホットで飲むと良いでしょう。

ルイボスティー

アフリカで産出されているお茶で、大量のミネラルや鉄分が含まれています。さらに妊婦さんがなりやすい便秘の解消にも効果あり!
クセのない味で飲みやすく、スーパーなどでも手に入りやすいお茶です。

ゆず茶

ビタミンやミネラルが豊富で身体を温める作用もある妊婦さんにはぴったりのお茶です。さらに妊娠初期に重要な葉酸も含まれているため、積極的に摂取すると良いでしょう。
ただしはちみつなどが入っている市販品の場合、糖分を取りすぎてしまうことがありますので、量には注意をしましょう。

タンポポコーヒー

普段はコーヒーを飲んでいて、どうしても飲みたくなることがあるという人にはタンポポコーヒーがおすすめです。
コーヒーと銘打ってありますが、もちろんノンカフェイン。
血行を促進したり、妊娠中に弱りがちな胃などの機能向上にも効果があると言われています。

黒豆茶

よくルイボスティーと比較されるのがこの黒豆茶。ノンカフェインだから安心して飲めるだけじゃなく、健康・美容にも効果があることで人気。
ブルーベリーなどにも含まれているアントシアニンという成分を含んでいるので、血液の流れが良くなる・便秘解消になる・目の疲れに効くことで選ばれています。

ノンカフェイン飲料はどれくらい飲むべき?

一般的に人は1日に最低2Lの水分をとる必要があります。妊婦の場合はおなかの赤ちゃんの分を考えて、それより少し多めと意識すると良いようです。
ただしこれは食べ物で摂取できる水分を含めた量となります。

食べ物から摂取できる水分はおよそ1Lと言われている

これ以外にあと1Lは飲み物で摂らないといけないということになりますね。
これはなかなか大変です。
初めはトイレに行った後に必ずコップ半分の水分を摂る、といったように自分なりに水分補給するタイミングのルール決めをして、習慣化させましょう


徐々に水分の摂取量を増やしていけるのが理想的!

妊娠中はからだに優しい水分補給を

妊娠が判明したことでこれまでの生活習慣をがらっと変えないといけなくなることが多々あります。
好きなものが食べられない飲めない、というのは大きなストレスになることもあるはず。
しかしこれまでとは違ったものを口にすることで、新たな世界が広がることもあるはずです。


お腹の中の赤ちゃんのためにも、必要な水分はノンカフェインの飲み物でしっかりと摂取していきましょう。
ここに紹介したものはどれもクセがなくておいしいものばかりです。ぜひ試してみてくださいね。

葉酸サプリを選ぶ前に!知っておきたい葉酸のアレコレ

≪葉酸を含む食べもの≫

葉酸を含む食べものにはどんなものがある?バランスの良い食生活を心がけるために、食事から葉酸を補う方法をご紹介します。

≪マカと葉酸はどっちを摂るべき?≫

妊娠を助けるための栄養として人気のマカと、厚生労働省で推奨されている葉酸。妊娠中の人、これから妊娠する予定の人はどちらを摂るべき?