葉酸はいつから摂る?スタートに最適な時期のまとめ

葉酸はいつから摂る?スタートに最適な時期のまとめ

葉酸は、緑黄色野菜や果物、レバーなどに含まれるビタミンB群の一つで水溶性です。細胞の増殖や臓器の形成に不可欠で、子宮内で赤ちゃんが成長するためには多くの量が必要になります。葉酸が不足すると、二分脊椎、貧血、胎盤早期剥離、流産などが起こります。厚生労働省では、二分脊椎の発生リスク低下を目指して、葉酸サプリの摂取を推進しています。
二分脊椎の発生率が増加傾向にあり、ライフスタイルの変化から葉酸不足が増える恐れがあることから、厚生労働省では葉酸の摂取に関する勧告を行いました。これによると、妊娠計画中の女性は妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間、1日0.4mgの葉酸の摂取が推奨されています。ただし、食事からの葉酸の利用効率が確定されていないことから、葉酸サプリなど栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取することを推進しています。

なぜサプリがいいの?

食事から摂取した葉酸は半分程度しか体内で活用されず、水溶性のため調理過程でも失われてしまいます。
このため、厚生労働省では効率よく吸収される葉酸サプリの利用を推進しているのです。つわりがあると食事もうまくできないことはよくあるため、必要最低限の栄養はしっかりと摂り入れていきたいですね。

葉酸サプリはいつまで飲む?

妊娠を希望する時期から妊娠初期に葉酸を特に摂取するように推奨されているのには理由があります。
特に、妊娠を希望する時期から妊娠初期までの間、通常の食事につけくわえ、400μgの葉酸サプリを摂取するように言われています。妊娠するとたくさんの血液が必要になります。その中で良質な血液を作る源になるのが葉酸です。通常の食事だけでは、胎児のために血液が沢山必要になるため、欠乏しがちになり貧血をおこしたりしてしまう原因でもあります。 また葉酸サプリを積極的に摂取することにより、胎児の神経管閉鎖障害(二分脊椎症や無脳症など先天性奇形)のリスクを低減できることで厚生労働省が推奨しているのです。しかし、胎児を体に宿す成長過程で重要な妊娠初期~出産期だけ葉酸サプリを取っていればいいかというと、そうではありません。
授乳時期にも葉酸サプリが必要なのです。母乳は母親の血液で作られているため、良質な母乳を出すためにも葉酸サプリは力を発揮します。母乳で沢山の栄養を乳児に与えるので、母親の血液から沢山の栄養が失われ、欠乏しがちになるので通常の食事よりも多く食事をとるように言われているのはそのためなのです。
また葉酸サプリのやめる時期としては、乳児が母乳を欲しがらなくなり、授乳時期を断ち切る時と同時でいいといわれています。授乳時期を終えれば、通常の食生活に戻り、自分の体内から葉酸を奪われることが無くなるからです。
しかし、妊娠期だけでなく、葉酸からは良質な血液が得られるため、健康に必要な成分であるため、過剰摂取しないように葉酸サプリを利用するのは良い事であるといえるでしょう。

葉酸サプリを選ぶ前に!知っておきたい葉酸のアレコレ

≪葉酸が不足するどうなる?≫

厚生労働省から勧告されている葉酸の摂取。もしも摂らなかったらお腹の赤ちゃんはどうなってしまうの?葉酸の効果についてはコチラ。

≪葉酸を含む食べもの≫

葉酸を含む食べものにはどんなものがある?バランスの良い食生活を心がけるために、食事から葉酸を補う方法をご紹介します。

≪マカと葉酸はどっちを摂るべき?≫

妊娠を助けるための栄養として人気のマカと、厚生労働省で推奨されている葉酸。妊娠中の人、これから妊娠する予定の人はどちらを摂るべき?