葉酸を摂取しすぎた場合の副作用について

葉酸を摂りすぎてはいけないって本当?

厚生労働省の通知では、葉酸摂取量は1日当たり1mgを超えないようにとなっているので、過剰摂取は避ける必要があります。実際に、葉酸サプリで過剰摂取した場合、不眠症や食欲不振、吐き気、むくみなどの症状が妊婦の場合は出たりすることもありますし、皮膚に痒みやアレルギー反応が出る場合もあるのは確かです。


また、産まれて来た赤ちゃんが小児喘息になるリスクもわずかではあるものの高まると言う報告もあります。妊婦が積極的に摂ることを勧められている葉酸サプリですが、このような副作用もありうるものですので、摂取量を守って正しい量を服用するようにしましょう。

葉酸サプリで説明されている1日の摂取量を守りさえすれば、極端に葉酸が含まれている食生活を偏ってしない限りは、これらの副作用に必要以上に恐れる事はありません。適切な摂取量を守って正しい葉酸サプリの飲み方をすれば、副作用のリスクを事前に避けることが出来ると言われているからです。 ですが妊婦と言うのは、どんな変調が起こるかもしれないので、自己判断をしないようにすることは注意して欲しいものです。

副作用のない成分は基本的にありません

葉酸は水溶性のビタミンです。血をつくるために必要なビタミンなのですが、体内で蓄積することが難しいため、まとめて摂取するよりもこまめに摂取した方がよい栄養素です。妊娠中、この葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんに、二分脊椎症や無脳症などの神経管閉鎖障害が起きる可能性があります。赤ちゃんの健康のために、妊娠中は、しっかりと摂取することが大切になってくるのです。赤ちゃんが欲しいと思った場合は、早めに摂取するようにしましょう。妊娠3ヶ月程度までも必要ですが、妊娠する1ヶ月以上前から摂取が必要となるためです。 葉酸はほうれん草などの葉物や、納豆、イチゴ、ブロッコリー、かぼちゃ、ナッツ類などに含まれています。しかし、これらの食べ物から摂取しても、不足になってしまうことが多いです。水や熱、光に弱いため、調理をすると栄養素が減ってしまうためです。そのため、サプリメントなどで補うようにすることが、大切になってきます。 また、水に溶けやすい性質があるので、緑黄色野菜やかぼちゃ、ブロッコリーなどが入ったスープなどの場合は、スープもしっかりと飲むようにすることが大切です。

葉酸サプリを選ぶ前に!知っておきたい葉酸のアレコレ

≪葉酸はいつから摂る?≫

葉酸を摂取する時期はいつが最適?サプリは飲み始めるタイミングが気になりますよね。葉酸を正しく摂取する時期をまとめました。

≪葉酸を含む食べもの≫

葉酸を含む食べものにはどんなものがある?バランスの良い食生活を心がけるために、食事から葉酸を補う方法をご紹介します。