妊娠したら絶対に摂るべき5つの栄養素

妊娠したら絶対に摂るべき5つの栄養素

妊娠中はお腹の中に胎児がいる分だけ、普段より栄養に気を配らなくてはなりません。
健康な赤ちゃんを産むためには、もちろん栄養が必要不可欠ですが、つわりなどで体調が良くない時、いつも通りの食事を続けていくのが難しくなります。そこでサプリメントなどをはじめ、栄養ドリンクや野菜ジュースなどで、意識的に栄養摂取を行っている人が多いのです。
しかし初産などであれば、「何を摂取すれば良いの?」と不安に感じる方もいるはず。


実際に妊婦の方々がどんな栄養素を意識的に摂っているのか、アンケートで生の声を集めました。

妊婦にとって一番重視されている栄養はコチラ。


1位 鉄分

2位 葉酸(わずか一票差!)


貧血対策となる鉄分と、赤ちゃんの成長を助ける葉酸。この2つがほぼ変わらない票数でした。どちらも食べ物から摂取することもできる栄養素ですが、体調悪化によって摂取できない時もあるので、サプリの存在がありがたい!

妊娠中には、特に鉄分を意識的に摂取する方が多いようです。全体の100名に対して、最多となる42名から「鉄分」が選ばれました。女性の中には、妊娠前から貧血気味という方もいることでしょう。妊娠中は、その傾向が強まるのかもしれません。中には、産婦人科で貧血気味であることを指摘されたという経験談も寄せられています。
医師からも摂取をすすめられるほど、鉄分は重要な栄養の1つ。

そんな鉄分とほぼ変わらない、41名の回答を得たものがありました。それが「葉酸」です。
妊娠時の摂取が胎児の発達や障害予防に良いとする意見が多く見られ、中には雑誌で紹介されているのを読んだという回答者もいました。医師から摂取をすすめられたという人もおり、妊婦にとっては身近な栄養素です。

葉酸は必ず摂取すること

葉酸が不足することで、胎児に影響があるというのは、先輩ママの意見だけではありません。今は世界的に妊婦の葉酸摂取が推奨されており、それは母子手帳にも詳しく記載されている事実です。
胎児が健康に産まれてくれるために、必要不可欠な栄養として知られている葉酸は、健康な赤ちゃんを産みたいと望むママなら誰しもが意識して摂取することをオススメします。

体を作るカルシウム・ビタミンCも重要

次に多かったのは、13名が回答した「カルシウム」でした。カルシウムといえば、骨の形成などに良いとされる栄養として有名でしょう。やはり回答者の意見にも、胎児の骨を作りのに必要な栄養素だとする回答が多いようです。骨は身体の基盤ともいえるものですから、妊婦が胎児のために気にするのも頷けます。また少数ではありましたが、「ビタミンC」にも4名の回答が挙がっています。こちらはお肌に良いなど、胎児というより妊婦自身のために摂取するというイメージでしょうか。一般にも身近な栄養素ですので、身体に必要だという印象が強いのかもしれません。

意外と忘れがち!たんぱく質にも注意しよう

先輩ママのアンケートには特に回答がなかったものですが、超重要とも言えるのが「たんぱく質」。ただこれは、卵やチーズ、牛乳、魚、肉といった基本的な食事から日常的に摂ることができるものなので、あまり強く意識しなくても摂取できているものとも言えます。
ただ、あまりにも食欲不振で摂取できない期間が続いた場合は要注意。鉄分・カルシウムなどの吸収を助けてくれる働きもあるこのたんぱく質は、体づくりの基本中の基本。普段の食事から、できるだけバランスよく摂っていくようにしましょう。